ダイエットや健康の為にヨガスタジオに通おう

マタニティヨガの目的や効果

東京で、ヨガスタジオは珍しいものではなくなりました。スタジオでは、ヨガを行う目的に合わせていくつもの受講メニューを用意している場合がほとんどです。

 

最近は、妊娠中に安産に向けての身体作りや精神的なリラックスをおこなう目的で、
マタニティヨガをおこなう方も増えています。
またマタニティヨガは、産後の太りやすい体質を改善したり整える効果もあります。

 

マタニティヨガは、無理のないポーズをとる事で
腰痛やむくみといった妊娠中の不快症状を和らげ、足腰を丈夫にします。
股関節や骨盤の結合部を柔らかくするポーズは、お産の準備になり安産につながります。
また、妊娠中の身体の不安を取り除き、快適なお産に備える効果があります。

 

マタニティヨガには、ホルモンバランスを整え心をリラックスする効果もあります。
呼吸法を練習する事で精神的に落ちつき、
肉体的にも精神的にもストレスを緩和させる効果があります。
その為、マタニティブルーを克服するのに役立ち、お母さんと赤ちゃんを穏やかに保つ事が可能です。

 

また、妊娠中や出産後の過度の食欲を抑える効果もあります。
その為、太りやすい産後の身体も調整しやすくなります。

 

ヨガのポーズや呼吸法をおこなう事で、過度の食欲を抑えながら適度な運動をおこなえます。
その為、適正体重での出産を目指しやすくなります。
また、太りやすい産後の身体を整える準備にもなります。

 

マタニティヨガをおこなうには、体調が安定している必要があります。
マタニティヨガを始める前に、必ずかかりつけの医師や助産師に相談をして、
許可を取ってからおこなうようにしましょう。

 

ご自身の体調はもちろんの事、赤ちゃんの体調を健やかに保つ為にも、
しっかりと医師などに確認しましょう。

ヨガの健康に対する効果

現在ヨガをおこなう方は、大変多くなってきています。
 

 

多くの方に支持されているのには理由があります。
その理由の1つは、健康促進や維持効果が高いからです。

 

慢性的で再発を繰り返す腰痛や肩こりに対しても、
一般的なケアに比べてヨガはよりよい改善効果が認められます。

 

またホルモンバランスを整える効果もありますので、
更年期障害や月経による不快症状などの緩和につながります。

 

ヨガの自身が意識しておこなう深い腹式呼吸は、
筋肉伸縮を促進してリンパの流れや血行を良くする効果があります。
それにより、心臓発作や脳卒中などの病気の予防にもつながり、冷え性改善効果も高いです。

 

また、内臓が活発に働く事により便秘の解消につながり腸内環境を整えてくれます。
こういったデトックス効果は、肌の老化防止にも有効です。

 

ヨガをおこなう事で、体のゆがみが解消され柔軟性や体力が向上します。
体のゆがみが解消されると、姿勢が良くなり基礎代謝も向上します。
すると、脂肪のつきにくい身体へと変化していきます。
ヨガでは、普段使用していない筋肉を動かします。
これにより、活発な新陳代謝を引き起こしダイエット効果を高めます。

 

他にも、頭痛がなくなった、風邪をひかなくなったなどの効果もよく耳にします。
それは、ヨガの呼吸法や瞑想などがストレスを緩和させるからです。
ストレスはさまざまな病気の原因となり、安定したメンタルバランスの保持を阻害します。
ヨガをおこなう事で、ストレスが緩和されて落ち着いた心を取り戻す事できます。
また、その際に自身でメンタルバランスをとる方法も学べます。

更新履歴